病院で受ける脱毛 | 脱毛入門講座

病院で受ける脱毛

クリニック(病院)での脱毛の流れも、サロンと似ていますが、医療機関であるからこそ受けられるサービスもあります。
サロンでは受けられない、クリニック特有の施術の内容について、ご紹介します。

①医者に肌の状態を診てもらえます。
初回の受付では、アンケート(住所等の基本情報)とともに問診票に記入をします。
脱毛の仕組みについて担当者からの説明を受けた後に、また別の医者から脱毛の仕組みについて説明を受けます。サロンよりも詳しく話してもらえるので、安心感があります。
また、予約制のところは待ち時間がほとんどない為、スムーズに施術まで進むことができます。

②個室で施術を受けられます。
サロンのようにカーテン1枚でベッドが仕切られているということはありません。
個室でバスローブに着替えてから、施術をします。
ベッドに横になり、脱毛の前にムダ毛をシェーバーで処理してもらいます。
自己処理が疎かでも、サロンのように追加料金がかかることはほぼありません。

③施術は少し痛みがあるけど、快適で効果抜群。
サロンよりも光の出力が強い為、我慢はできる程度の痛みがあります。
施術者は脱毛を経験しているので、どこが痛いのかよく把握しています。「少しちくっとしますよー。」などと、声をかけてくれるので心の準備ができて安心します。
ワキの場合ならば作業時間は10分程度で完了します。
全身コースの上半身ならば1時間程度です。
VIOには麻酔(別途料金3000円程度)をオプションで付けることをお勧めします。

④施術後のオイルが気持ちい。 施術後多少熱を帯びた肌にアフターローションもしくは、オイルを塗ってもらえます。 マッサージするようにオイルを塗ってくれる看護婦さんもいて、うっとりします。


トップへ戻る